パスポート申請用写真規格が改定されました。(令和3年5月改定)

パスポート申請用写真規格が改定されました。(令和3年5月改定)

令和3年5月に日本のパスポート申請用写真規格が改定されました。内容を確認したところ、今までも結構厳しかったものが更にとても厳しくなったような印象を受けます。今回変更になった内容を具体的にご案内いたします。

パスポート申請用写真規格

写真規定

ますは写真規定をご案内いたします。分かりやすいように新旧規格を並べると次の写真の通りで、項目が増えているのが分かります。内容についてご案内いたします。

パスポート写真規格比較表

参考サイト

パスポート申請用写真規格詳細は外務省のサイトで案内されております。パスポート申請前に下にご案内する外務省サイトも合わせてご覧下さい。

外務省サイト:パスポート申請用写真の規格(令和3年5月18日更新)

変更点のご案内

顔の寸法について

上の写真で顔の寸法について、両耳から写真の左右の空間が2mm以上空いていること、となっております。一般的には証明写真は顔の上下寸法(頭頂から顎の先端まで)で決定することが多いのですが、この規格ですと顔がまん丸の赤ちゃんなどは写真作成に注意が必要です。両耳のスペースが空くよう、顔の長さを下限ギリギリにするなどの調整が必要となると思われます。もちろん当店で撮影いただければ規格に準じた写真で作成いたしますのでご安心下さい。

輪郭が露出していること

これも上の写真の項目6.で追加されています。もちろん今までもこの内容については条件がありましたが、今回項目を追加して強調しているようですので、この部分の写真審査はより厳しくなるものと推察されます。フェースラインを完全に出し、大きなイヤリング等で輪郭を遮ることがないよう、注意が必要です。

目の周辺条件

新たに項目8.で目の周辺条件が追加されています。髪の毛がかかることはもちろんNGですし、つけまつげや眼鏡のフレーム等にも言及されていますので注意して下さい。今まででNG例が多い内容について追記されているような印象です。また下の項目でも説明しますが今回カラーコンタクトや輪郭強調(ディファイン)についてもNGと明記されました。ネットの情報ではカラーコンタクトはNGだが輪郭強調(ディファイン)はOKといった情報も散見されますが、輪郭強調(ディファイン)NGと明記されました。今回の改定前でも輪郭強調(ディファイン)NGだったというお客様情報も複数確認しておりますのでご注意下さい。

人物と背景の境界について

今までも「人物と背景の境界が不明瞭なもの」という条件はありましたが今回より具体的に「頭、髪、服装等と背景の境界が不明瞭なもの」と改定されました。白髪の方は申請用写真の背景色を白で撮影すると写真NGとなるケースも想定されますのでご注意下さい。

パスポート写真新規格1

目に関する条件

上でもご説明しましたが、今回目に関する条件がとても厳しくなりました。カラーコンタクトや輪郭強調(ディファイン)はNGと明記されました。また「意図的にフラッシュやライトの形状が写り込んだもの」もNGとなっております。最近はまるやハートのおしゃれなキャッチライトを入れるものが多く出ていますが、パスポート申請用写真については注意が必要です。

パスポート写真新規格2

美白処理等の画像修整について

今までも美白処理を含む画像加工・画像処理はNGとなっておりましたが、今回しわなどの修整もNGと明記されております。今では街中の証明写真BOXでも簡単に美白処理や美肌処理が出来るようになっておりますが、パスポート申請用写真についてはNGとなっておりますのでご注意下さい。

パスポート写真新規格3

当店について

当店の証明写真撮影

当店では証明写真撮影に力を入れており、パスポートや免許証用はもちろん、受験、各国ビザ申請、各種資格取得用などの撮影を承っております。撮影させていただきました画像は1年間、無料で保管しており様々な写真サイズに1枚単位で焼き増し可能で便利と好評です。綺麗で好印象、便利な証明写真撮影は是非お任せ下さい。

アクセス

東横線、元住吉駅より徒歩6分弱。日吉や武蔵小杉エリアからも徒歩圏内。南武線の武蔵中原や向河原、鹿嶋田、新川崎エリアからもアクセス便利な撮影専門の写真館です。専用の駐車場はございませんので近隣のコインパーキングをご利用下さい。自転車は店頭に駐輪可能です。

周辺地図

お支払い方法

当店は現金のみの取り扱いとなっております。大変お手数ではございますが、撮影時に現金のご用意をお願いいたします。

撮影のご予約について

当店では証明写真も撮影のご予約が可能です。ご予約は便利なネット予約をご利用下さい。

ネット予約はこちら

ご予約、ご来店をお待ちしております。