建設キャリアアップシステム登録用証明写真撮影

建設キャリアアップシステム登録用証明写真撮影

突然ですが建設キャリアアップシステムってご存知ですか? まだ聞きなれないという方が多いと思いますのでまず概要をご紹介いたします。少し堅苦しい言葉での解説ですが、以下にご紹介いたします。

 

わが国全体の就業者人口が減少するなかで、担い手の確保は全産業に共通する課題です。建設業において現場を担う技能者、とりわけ若年層の入職を進めるためには、他産業と比べて生涯を通じて魅力的な職業、産業であることを目に見える形で示していくことが大切です。
現実には、建設業の年齢別の賃金(いわゆる賃金カーブ)のピーク時期は製造業全体より早く、40歳前後に到来しています。このことは、現場での本人の生産性に現れない管理能力や、後進の指導といった経験に裏付けられた能力が適切に評価されていないことの現われと考えられます。
また、建設技能者は異なる事業者の様々な現場で経験を積んでいくため、一人ひとりの技能者の能力が統一的に評価される業界横断的な仕組みが存在せず、スキルアップが処遇の向上につながっていかない構造的な問題があります。
こうした現状を変革するため、平成27年5月19日に開催された建設産業活性化会議において、建設技能労働者の経験が蓄積されるシステムの構築が表明され、これを受けて同年8月6日、構築に向けた検討の場として官民からなるコンソーシアムが立ち上がりました。

建設キャリアアップシステムサイトより引用

 

このシステムを構築することで

〇技術者は自分の資格や就業履歴を証明できるので現場が度々変わっても適正な評価が受けられ、待遇改善が期待されると

〇事業者は技術者の就業状況等の把握やICカードによる入退場管理等ができるようになる

とのことです。両者にメリットがあるシステム構築ということで素晴らしいですね。

 

この建設キャリアアップシステムへの登録申請が2018年6月13日から開始されており、登録申請後に交付されるICカード用の顔写真が必要です。

申請方法は以下3つの方法があり、方法により登録料が異なるようですのでご注意ください。

【申請方法】

①インターネット申請

②郵送申請

③窓口申請

詳細は上記でもご紹介した建設キャリアアップシステムのサイトでご確認ください。

 

【申請に必要な証明写真サイズ】

縦45mm×横35mm

この写真サイズは日本のパスポート申請用やマイナンバー申請用と同じ写真サイズです。

インターネット申請ではこの写真をスキャンしてデジタルデータ化するか、撮影時にデジタルデータを購入しておく必要があります。

 

当店では紙のお写真なしのデータのみの撮影プランもございますのでお気軽にご相談ください。

当店は東横線、元住吉駅近くの写真スタジオです。横浜市の日吉や川崎市の武蔵小杉エリアからも徒歩圏内。南武線の武蔵中原や向河原、平間、鹿島田や横須賀線の新川崎からもアクセスしやすい写真館です。

 

証明写真撮影はご予約も可能です。(ご予約なしでも撮影可能ですがご予約優先となります)ご予約は便利なネット予約もご利用いただけますのでご利用ください。

 

ネット予約はこちら

 

ご来店、お待ちしております。