キヤノン、カメラ用リモコンRC-6のご紹介

キヤノン、カメラ用リモコンRC-6のご紹介

今回はカメラ用リモコン、RC-6のご紹介です。

【用途として】

①家族写真等を自分で撮影する際、セルフタイマーで撮っていたものをリモコンに変更 → 都度シャッターを押しに行かなくてもよくなる。

②ケーブルレリーズからリモコンRC-6に変更 ※私は主にこちら

小さなお子様がいる家族写真を撮影する場合でも、歪みが出ないようなるべく望遠側で撮影したいが、同時に小さなお子様の笑顔を引き出す場合、お子様の近くによったほうが引き出しやすいと私は思っています。なのでケーブルレリーズだとケーブルの長さまでしかお子様に近づけず、リモコンRC-6使用に変更しました。

【リモコン外観】カメラのバッテリーを薄くした感じのサイズ感です。小さくて使いやすい感じです。

【使い方】

①カメラの設定をセルフタイマーの2秒/リモコン、又は10秒/リモコンに設定

※カメラによって多少違うかもしれませんがカメラ側をリモコンモードにする必要があります。

②リモコンRC-6の切り替えスイッチ(リモコン背面)を即レリーズ又は2秒後レリーズに設定。スイッチは一箇所しかないのですぐわかると思います。

③カメラの受光部に向けてリモコンのレリーズボタンを押す。(下図赤丸部分)

【使ってみて】

・赤外光リモコンなのでカメラまでの距離やリモコンを向ける方向に制限あり。

※マニュアル上だと5m以内。上図の位置が受光部なので、カメラに向かってレンズの右側からだとレリーズしない場合もある。

操作イメージはテレビのリモコンをイメージしていただくと良いかと思います。

・若干のタイムラグがあるのでタイミング重視の撮影では厳しいと思います。

・上述した用途②のようなケースでは自分が写ってしまうケースがあり、これも慣れが必要。また被写体の目線をレンズに向けるのが難しい場合もある。(小さなお子様などうしてもカメラマンを目で追ってしまうため)

・小さなお子様の笑顔を引き出す、という本来の目的では私の場合は効果を感じています。ワイヤーレリーズの長さに不満を感じている方やセルフタイマーを使って家族写真を撮る、といった方は使ってみる価値はあると思います。

信頼性や安定性重視で使用したい方はキヤノンの純正品がお勧めですが、一度使用してみたい、とか値段重視という方は純正以外でもRC-6互換品があるので以下にリンクしておきます。

 

 

撮影機材購入でいつも悩むのがメーカー純正品かそれ以外を買うか、という悩みではないでしょうか? 単体では値が張らなくても、欲しいものが多く、出費は少しでも押さえたい・・・私もいつも悩みます。今回のリモコンは仕事メインであることと純正品でもそこまで高くなかったので純正品1択でしたが、趣味メインでの使用なら純正以外も選択肢に入りますかね。純正以外でとても安いのがありますのでご紹介しておきます。動作等の保証は出来かねますのでご自身の責任での購入、使用をお願いいたします。