TOEIC受験用証明写真規格

TOEIC受験用証明写真規格

TOEIC受験用の証明写真規格についてご案内いたします。

証明写真としては特に厳しい規格があるわけではありませんが、受験票に貼った写真が公式認定書に印刷される、などいくつか大切なポイントがございますので合わせてご紹介いたします。

 

TOEIC受験用証明写真規格

・サイズは縦4cm×横3cm

・6ヶ月以内に撮影

・フチなし

・正面を向いたご本人の顔がはっきり確認できる(顔に影がないもの)

・ご本人のみが写っている

・上半身無帽で、頭部全体が写っている

・人物の後ろは何も写っておらず白または薄い色

※写真のコピー、プリクラ、普通紙・コピー紙に印刷されたものは認められません。

参考サイト:TOEIC証明写真の規定と見本

 

写真が規定外の場合

・公式認定書に印刷されない

・受験をお断りする

などの対応をとる場合があるとのことです。

また試験後に写真NGとなった場合は公式認定書に印刷されないとのことで注意が必要です。

 

上記内容をまとめると

・写真の背景は白又は薄い色

・その他写真規格は特に厳しい規定はなく、一般的な証明写真と同等。顔のサイズも特に指定ありませんが、下図から判断すると頭頂から顎までが24mm前後が良いかと思います。(一般的な証明写真のサイズです)

規定の写真

TOEICのサイトにも説明がありますが、公式認定書を就職活動等で外部機関に提出予定の方は受験票の写真が適切でないと公式認定書に印刷されないので注意が必要です。この時の注意点としては

・写真サイズが小さすぎる。特に自分で写真をカットされる方は写真サイズ(縦4cm×横3cm)ちょうどにカットしてください。またカット面が斜めだったりギザギザにならないよう、ご注意ください。

・写真の貼り付けは必ずのり(スティックのり推奨)を使用、と案内されています。のりが写真表面に付着しないよう、ご注意ください。

 

上記内容より、公式認定書を就活や転職で自己アピールに使用するので写真も大事、という方は受験票に貼る写真は写真館での撮影をお勧めします。受験票に貼る写真がカラーでも公式認定書には白黒で印刷されるので背景の色や顔の色が公式認定書の写真品質を左右する大切なポイントになります。

 

もちろん当店でもTOEIC受験用の背景白、顔色も綺麗な証明写真の撮影が可能です。

当店なら撮影後、1年間撮影データを無料で保管しているため、後から様々な写真サイズ、写真用途での焼き増しも可能です。TOEIC用で撮影した後、免許証の更新とかパスポートやマイナンバー申請などの焼き増しが可能で綺麗で便利と好評です。

 

当店は東横線、元住吉駅近くの写真スタジオです。横浜市の日吉や川崎市の武蔵小杉エリアからも徒歩圏内。南武線の武蔵中原や向河原、平間、鹿島田や横須賀線の新川崎などからもアクセスしやすい写真スタジオです。証明写真撮影はぜひお任せください!