グリーンカード申請用写真撮影

グリーンカード申請用写真撮影

アメリカ永住権、グリーンカード・DV-2020申請時期が近づいてまいりました。

DV-2020申請内容について、在日アメリカ大使館・領事館からはまだ詳細発表されていませんが、例年通りだとすると10月上旬から申請開始になると思われます。

昨年は応募期間が改定され、2017年10月18日(水)正午(東部夏時間)から、2017年11月22日(水)正午(東部標準時間)までとなりましたが今年(2018年)の応募期間が例年通り10月上旬~となるのか昨年同様となるのか、注視していきたいと思います。

 

今年も早くもDV-2020申請用写真の撮影ご予約をいただいております。グリーンカード申請用写真規格は非移民ビザ・DS-160の写真規格と同様ですので詳細は以下の記事をご覧ください。

 

アメリカビザ(DS-160)申請用写真規格

 

また申請用写真について、以下の注意点がございます。

・写真は過去6ヶ月以内に撮影され、申請用規格を満たしているもの

・昨年以前の申請に使用した写真はNG。過去6ヶ月以内に撮影したもの、ですので当然過去の申請に使用したものはNGとなりますが、わざわざ明記するということは同じ写真を使う方がいらっしゃるということだと思います。うっかり使用もあるかと思いますので十分ご注意ください。

 

アメリカ大使館からは昨年(DV-2019)の申請時に以下の注意が出ていますのでご紹介いたします。

応募の際は、過去6ヶ月以内に撮影され、なおかつDV-2019インストラクションに明記された条件を満たした写真を使用してください。昨年のエントリーに提出した写真と同じ写真や、条件を満たしていない写真でのエントリーは無効となります。

 

また申請時期についても昨年は下記の通り、申請期間中早い段階での申請を推奨されております。

DVプログラム応募期間中、なるべく早めにエントリーされることをお勧めします。以前、応募期間終了間近にエントリーが殺到したため、システムに遅延が生じ、エントリーが出来なかったという事例がありました。システムの改善を引き続き行っていく一方、膨大な数の応募は遅延の原因となる可能性があります。期間中のシステムの遅延の有無に関わらず、2017年11月7日の正午(米国東部標準時間)で受付は終了となります。

 

当店ではグリーンカード申請用写真を撮影させていただいたら、撮影後にアメリカ国務省のサイトで写真が申請規格に適合しているかをオンラインでチェックしております。

このチェックでOKが出た写真は何も加工せず、そのまま安心して申請でご利用いただけます。

下の写真はオンラインチェックで写真OKとなった画面です。グリーンのチェックマークで「Photo passed quality standards.」と表示されれば申請規格に適合した写真となります。

毎年、このアメリカ国務省のオンラインチェックのサイトも申請時期後半は込み合ってなかなか繋がらないことがあります。

実際の申請でも同様のことが発生している、とのことですのでなるべく早めの撮影、申請準備をお勧めいたします。

 

当店は東横線、元住吉駅近くの写真館です。東横線の日吉や武蔵小杉エリアからも徒歩圏内。南武線からもアクセスしやすい写真館です。

アメリカビザ申請用写真撮影も多数の撮影実績がございます。申請に通るポイントを押さえて撮影いたしますので安心してご利用いただけます。

 

アメリカ永住権、グリーンカードDV-2020申請用写真撮影は是非お任せください。

撮影はご予約無しでも可能ですが、ご予約優先となります。便利なネット予約もご利用可能です。お気軽にご利用ください。

 

ネット予約はこちら

 

アメリカビザ・DS-160申請用写真はオンラインチェック後のお渡しで安心使用

ビザ申請用・証明写真撮影時の服装や髪型に関する注意点

 

ご予約、ご来店をお待ちしております。