首が据わっていない赤ちゃんのパスポート申請用証明写真撮影方法

首が据わっていない赤ちゃんのパスポート申請用証明写真撮影方法

首がまだ据わっていない赤ちゃんのパスポートを申請したいが、証明写真はどうやって撮影するのだろう・・・と心配される方やお問い合わせいただくケースがございます。

首がまだ据わっていない赤ちゃんの証明写真は無地で淡い色のシーツの上に寝た状態でで撮影可能です。日本のパスポート写真規格でもそのように説明されています。

日本のパスポート写真の規格(外務省サイト)

当店では白いシーツの上に寝た状態で撮影します。なので撮影時の洋服は白系の色は避け、濃い目の色の洋服でのご来店をお願いします。(背景と肩のラインをはっきり出すため)

店内での撮影の他、お客様が撮影した画像からパスポート申請用写真の作成も可能です。小さなお子様はまだ起きている時間も限られるのでご自宅でゆっくり撮影してその画像をパスポート申請用にプリントしたい、という方もお気軽にご相談ください。その際、下記の点に注意して撮影してみてください。

【首が据わっていない赤ちゃんのパスポート申請用写真の撮影方法】

◇背景は無地で淡い色のシーツで撮影する。

◇背景と洋服の色が同色系にならないようにする。(肩のラインをはっきり出すため)

◇アップにしすぎると写真作成が出来ない場合がございます。カメラの設定で画素数を最大にして、顔を真ん中にウエストくらいまでは写るように撮影してください。

◇顔はなるべく正面を向き、両目が開いていてカメラ目線で撮影。

◇なるべく日中に明るい部屋で撮影。

◇真上から撮影。その際、カメラ等をお子様に落とさないよう、細心の注意をお願いします。

◇前掛けなどで首がかくれないようにする。

◇赤ちゃんの手やおもちゃ等が入らないようにする。

細々と書きましたがパスポート申請用写真は審査も厳しいので上記内容をクリアしていたいるのが理想です。新生児ですので大人よりは写真審査も甘いようですが、基準がわからないためなるべくベストに近い状態が望ましいと思います。

このような撮影はとても無理、という方はもちろん当店で撮影させていただくことも可能です。当店カメラマンは提携産婦人科内で新生児を520名以上撮影しており、赤ちゃんの撮影にとてもなれており、安心してお任せいただけます。下の当店ブログ記事も参考にしていただけると幸いです。

元住吉でニューボーンフォトを撮り続けて520人

首がまだ据わっていない赤ちゃんのパスポート用証明写真撮影

中原区元住吉の産婦人科、北村医院さん院内で新生児の出張撮影をしている写真館です。

当店は東横線、元住吉駅近くの写真館です。東横線の菊名、大倉山、綱島、日吉、武蔵小杉、新丸子や南武線の武蔵中原、向河原、平間、鹿島田、新川崎からもアクセスしやすい写真館です。お子様のパスポート申請用証明写真撮影も是非お任せください。